昨日は、自治会に立て替えていたお金を会計さんから小切手でもらったので、JAに行って自分の通帳に入金してきました。

 自家用車にガソリンを入れてからスーパーに買い物に行きました。

 その後、お袋のクスリカレンダーに薬を入れて、ごはんやディサービスの荷物の準備をしました。
 
 そんなこんなしているうちに、お昼になったので、昼ごはんはソウメンにしました。
 今年初めてのソウメンです。

 テレビの番組で、ソウメンつゆに納豆とワサビを入れると美味しいというので、やってみました。
 美味しいかったです。

 ソウメンの一束の量は微妙ですね。一束では物足りない感じで、二束では多すぎるし。

 そんなこんなの雑用で、半日が終わりました。

 勤めていた時は、仕事というのは収入につながるもので、それ以外は雑用と思っていました。

 昨年、勤めを辞めてからもけっこう忙しい日々を過ごしていますが、すべて雑用だと思っていました。
 

 ふと、「この世に雑用という用はない。用を雑にしたときに、雑用が生まれるのだ」という言葉を思い出しました。
 誰の言葉だったのか調べてみると、渡辺和子さんでした。

 毎日、雑用に追われていると思えば虚しくなります。
 それぞれは、なくてもいいものではなく必要な用事です。それらの用事が雑用にならないようにしたいと思いました。





 昼からは、精米機に行って玄米30kgを精米してきました。
 その後、JA直売所に登録したグループメンバーに、5月分の売上金を振り込みました。

 それから、畑の山椒の実を収穫しました。

P_20200615_152600
P_20200615_152606
 
 けっこう大きな実ですが、少ししかありませんでした。

P_20200615_153741_1

 沸騰した湯で茹でた後、冷凍しておきました。

 今年は、ジャガイモの生長がよくなかったのですが、残った株を掘ってみると、まあまあ大きなイモが収穫できました。

P_20200615_152353_1

 やっと、ピーマンやトウガラシも収穫できるようになりました。

P_20200614_132931_1

 毎日、細々とした用事がたくさんあります。
 雑用とは思わないようにしたいです。
スポンサーリンク