昨日も一日中降ったり止んだりのお天気でした。

 先月、地区の役員と回った災害時危険個所のうち、裏山の谷川と山墓付近が心配で、一人で見てきました。大丈夫のようでした。
 九州では、大雨被害が出ているようですね。

 
 前庭にサルスベリが3本あるのですが、そのうちの1本に花が咲いています。

P_20200703_070203
P_20200703_070157

 もう1本は蕾の状態で、昨秋に私が剪定した1本は、蕾を一つもつけていません。
 やはり、我流の剪定はダメですね。


 裏庭のアボカドを住処にしているカマキリがいます。

P_20200704_144747
P_20200703_070626

 昨秋にカマキリの卵を見つけて裏庭に置いておいたものから孵化したのだと思います。


 漢字で書くと、サルスベリは百日紅、カマキリは蟷螂で、まったく漢字と読み方が違いますね。

 蟷螂で思い出しましたが、祇園祭の山鉾巡幸は、コロナの影響で中止になりました。

 祇園祭の山鉾に蟷螂山(とうろうやま)というのがあります。

 疫病を鎮めるために始まったお祭りが、疫病(コロナ)のせいで中止になるのは、何とも辛い話ですね。
 
 先月、700年の歴史がある我が町の秋祭りも神輿の巡幸をしない居祭にすることを決定しました。



 昨晩は、地区の寄合を開きました。地区の夏まつりの開催について協議しました。

 そんなに歴史はありません。地蔵盆の日の地区のお楽しみ会のようなものです。

 地区の15団体で夏まつり実行委員会を組織しています。実行委員長は、村役の長である私です。


 会議の結論は、夏まつりは中止ということになりました。


【関連ページ】
 

【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



【京のおすすめ】

[送料無料]ノーマル特漉あぶらとり紙【京都限定 祇園祭】小サイズ 1冊
[送料無料]ノーマル特漉あぶらとり紙【京都限定 祇園祭】小サイズ 1冊

  



スポンサーリンク