夏真っ盛りです。
 庭に昆虫がたくさんいます。

P_20200803_125604
 
 キリギリスのメスです。子どもの頃は、キリギリスや鈴虫を飼っていました。




 昨日は、除草剤を散布しました。
 除草剤については、よく思っていない人が多いです。
 たぶん、ベトナム戦争の枯葉剤の記憶が残っているからだと思います。

 目立たない場所だけ、除草剤を使っています。
 倉庫の前です。数日前に草刈り機で刈ったのですが、草刈り機では緑色が残ったままです。

P_20200803_125506
 
 裏庭です。石が多くて草刈り機が使いにくいので、時々除草剤を使っています。

P_20200803_125731

 前庭です。

P_20200803_125524
P_20200803_125545

 前庭は木や花が多く、間違って除草剤がかかると枯れてしまうので、手で草を引きました。

 上の写真は草引き作業後です。
 ぜんぜん綺麗になっていないです。
 小さな草まで引くと時間がかかるので、大きな草だけ引きます。
 また、引いた草は、そのままにしておきます。
 この方法だと、作業時間が1/10ぐらいで終わります。

 仮に丁寧に草引きをしても、2~3週間毎に草引きをすることになります。

 草刈り、草引きは、晩秋まで延々と続きます。
 まるで、賽の河原の石積みのようです。
 積んでは崩され、積んでは崩されの繰り返しです。


 ところで、「草引き」というのは方言のようですね。
 たぶん、草を根ごと引き抜くから「草引き」になったのだと思います。
 「草抜き」という地方もあるようですね。草を根から引き抜くの「引き」と「抜く」のどちらに重点があるかの違いなのかなと思います。

 根ごと引き抜かない時は、草を「むしる」とか「ちぎる」と言うと思います。

 「草取り」という言い方が一番考えられないです。


 先日、光り輝いていた蘇鉄(ソテツ)の雄花です。

P_20200722_103140

 昨日見たら、輝きが消えて茶色になっていました。

P_20200803_125612
P_20200803_125632

 先端に、カナブン(コガネムシ)がいました。


【関連ページ】


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



【京のおすすめ】

御中元 旬の京野菜と京都府産野菜のお試しセット
御中元 旬の京野菜と京都府産野菜のお試しセット

  




スポンサーリンク