今年のカボチャは不作でした。普通のカボチャが1個、バターナッツが2個しか収穫できませんでした。

 ハロウィン用のカボチャは、以前にUPした記事のとおり、葉やツルは元気なんですが、一つも実っていませんでした。

 昨日、キュウリや茄子、オクラなどを収穫していると、隣の家の柿の木に、ハロウィンパンプキンがぶら下がっているのを見つけました。

 柿の木にカボチャの葉やツルが絡んでいるのは、以前から知っていました。
 でも、隣の家が作っているカボチャだと思っていました。

 昨日、ハロウィンパンプキンだということが分かりました。
 隣の家の年配の方がハロウィンパンプキンを栽培しているとは思えなくて、よく見ると、私の畑のカボチャがシカ除けネットを越えて、隣まで行っていることが分かりました。

P_20200820_111032_1

 このカボチャを収穫するためには、ジャングルのようになったシキビの木や雑草の間を通って行かなければなりません。

 チェーンソーを使って、枝を切りながら道を切り開きました。

P_20200820_131533

 ほとんどが、生い茂ったシキビです。

P_20200820_131518

 このブルーのシカ除けネットは、隣の家のものです。

P_20200820_111022

 
ネットの向こうの柿の木に、カボチャが見えています。

P_20200820_111032

 
けっこう、大きくなっていました。

 これが、チェーンソーで切り出した枝です。軽トラ1台分ほどの量です。

P_20200820_111002

 切り出した枝を処分するのもたいへんです。
 昨日は暑かったので、もう少し涼しくなってから処分します。

P_20200820_111422_1

 重さを量ったら、3.6kgありました。ハロウィンまで、保存しておきます。



 昨日も厳しい暑さでした。
 屋外での作業をするつもりはなかったのですが、カボチャを収穫するために、けっこうな重作業になりました。

 その後は、母屋の掃除などをしました。

 お昼は素麺を食べました。
 お中元で貰った素麺は、これで終わりです。
 京都では、奈良の三輪素麺がほとんどで、たまに兵庫県の揖保乃糸です。

 昼からは、自治会役員会のレジュメや自治会だよりの原稿を作成する予定でしたが、暑さでぐったりして、何もする気が起こりませんでした。

 酷暑は今日までで、明日からは最高気温が35℃を切るという天気予報です。

 明日から、頑張って畑仕事、庭木の手入れをします。(そのつもりです!)
スポンサーリンク