先日、親父の遺品の果実酒についての記事をUPしました。(下記【関連ページ】を見てください。)

 それで、母屋のサイドボードに、洋酒が置いたままになっていることを思い出しました。

 昔、海外旅行に行った時は、お土産として洋酒3本を必ず持って帰っていました。

 当時、洋酒はものすごく高価だったので、免税限度の3本を買っていました。

 現在も免税は3本なのかな?
 今は、海外旅行のお土産に洋酒を買う人は少ないとは思いますが。

 親父には、その頃人気があったジョニ黒(ジョニーウォーカー黒ラベル)を渡しました。

 サイドボードには、ジョニ黒はなくて、下の2本だけでした。
 
P_20210218_090347

 スコッチとブランデーが残っていました。未開封ですが、だいぶ古そうな箱です。
 それでも、先日の親父の仕込んだ果実酒よりは、まだ飲めそうな気がします。



 注文していた「待ち箱ルアー」が届きました。

P_20190404_071749_1

 分蜂シーズンまで、まだ2か月あるので、冷蔵庫に入れておきます。

 先日のブログで、キンリョウヘン(金稜辺)に花芽がないという記事をUPしました。

 葉っぱを持ち上げて探しました。

P_20210219_094801

 1個だけ、花芽らしきものがありました。

 昨年は、分蜂シーズンが終わってから開花しました。

 4月20日頃に開花させるためには、早い時期に屋外に出さないで、ぎりぎりまで、室内に置いておこうと思います。

 キンリョウヘンは蘭の一種です。 
 今まで、蘭を育てた経験がないので、狙った時期に開花させるのは、難しいです。

 

スポンサーリンク