今日から「令和」です。あいにくの雨です。

 早朝から氏神さん(神社)の「月次祭(つきなみさい)」に行ってきました。
 「令和」だからではなく、毎月1日に「月次祭」が行われます。私は、村役で奇数月にお詣りすることになっています。

 氏神さんは山の中腹にあります。

P_20190501_064359_1 

 この写真は、社務所から参道を見下ろした風景です。けっこう急な坂です。

P_20190501_064017 

 平安時代から続く歴史のある氏神さんです。
「令和」の初日ということで、のぼりが立てられていました。
 午前7時から約30分間のお祭りです。

P_20190501_064135_1 

 昇殿参拝というか、神殿の中でお詣りをさせていただきました。

 神主さんの「修祓(しゅばつ)」から始まります。「祓詞(はらえことば)」のあと大麻(おおぬさ)を参拝者の頭上で振って清めがあります。
 そして、「献饌(けんせん)」で神様にお供え物をして、宮司一拝で神主さんと一緒に神前にお辞儀します。

 記憶違いで、順番が前後しているかも知れません。どこかの場面で参拝者の頭上で大きな鈴のようなものを振るというのもあったと思います。何度もお詣りしているのにいい加減なものです。

 それから祝詞奏上、玉串拝礼と続きます。最後は、宮司一拝で神主さんと一緒に神前にお辞儀をして終わりです。

 その後、「直会(なおらい)」ということで、杯に御神酒をついでもらって、参拝者皆で乾杯します。

 退職するまでは、平日は月次祭が終わってから自動車を運転して仕事に行っていたので、飲む真似だけで済ましていましたが、退職して仕事に行かなくていいので、御神酒をいただきました。

 「令和」の初日からのお詣りで、これからの時代がよい時代になるようお祈りできてよかったと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村へ


田舎暮らしランキングへ
スポンサーリンク