今日は、ラグビー日本代表のパレードが東京・丸の内であり、沿道に多くのファンが集まったというニュースをやってました。
 ニュースを観ながら、きっと赤穂義士が吉良邸討ち入りの後、泉岳寺まで行進した時もこんな感じだったのだろうと思いました。

 さて、注文していた「ポポー」の苗が届きました。

 これまで、いろんな果樹の苗を植えてきました。その多くが鹿と寒さが原因でうまくいっていません。

 今回のポポーは、「マイナス30℃くらいまでの耐寒性」と「バナナ&カスタードプリン味」という言葉に惹かれて購入しました。

 ちなみに「フィンガーライム」は、「森のキャビア」という言葉に惹かれて購入しました。
 
 けっこう高価でした。先日のドローンが2機購入できるほどの値段です。

 今朝、宅配便で届いたのですが、箱が小さい!
P_20191211_093117 
 開けてみて、さらにビックリ!
P_20191211_094145_1 
 30cmにも満たないサイズです。
 KSU-アトウッドとKSU-ベンソンという品種です。

 露地栽培にする予定でしたが、この大きさでは、冬に凍結したり、動物に踏まれたりするのではないかと思い、鉢植えにすることにしました。

P_20191211_095733 
 当分の間、室内でアボカドやミツバチの誘引蘭と並べて置いておこうと思います。

 露地栽培にするときは、しっかりとシカ対策をしたいと思います。

 ところで、実はポポーを食べたことも見たこともありません。

 ブログのカテゴリーに「ポポー」を追加しました。果樹栽培の下位カテゴリーは、恥ずかしながらどれもこれも記事が増えていきません。


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村へ


田舎暮らしランキングへ








スポンサーリンク