ニュースを見ていると、新型コロナウィルスの感染経路が分からない状況が増えているように思います。

 山里と言えども、町外に働きに行っている人、町外から働きに来ている人が多いです。
 陸の孤島でも、鎖国のような生活をしている訳でもないので不安です。

 症状がでない人や、なかなか検査を受ることができない状況では、市中感染があっても然るべきという気持ちで生活をしなければと思います。

 そのような状況の中、今日は朝からお袋の持病薬を貰いに医院に行きました。

 インフルエンザに気をつけながら行った先月よりも緊張しました。
 いつもに比べて待合室の人が少なかったです。
 医院の待合室ではマスクをして、自動車に戻ったら、すぐにアルコールウェットティッシュで手を拭きました。
P_20200227_201718_1

 処方箋を薬局に渡して、コンビニとスーパーで食料を買って帰りました。薬局では、待っている人が多かったです。
 薬はいったん家に帰り、昼過ぎに貰いに行ってきました。
 
 午後は、森林組合の総代会に行ってきました。
 以前のブログにも書きましたが、親父が亡くなるまで森林組合と生産森林組合の違いを知りませんでした。(違いは、関連ページ参照)

 私が、いつ森林組合の総代になったのか、総代とは何なのかよく知りませんが、多分、全組合員が集まっての総会は大変なので、総会に代わるものとして総代会があるのではないかと思います。
 総代会の内容は、他のさまざまな組織と同じように、事業報告、会計報告、次年度の事業計画、予算案などの審議でした。

 組合長や来賓の挨拶でのキーワードは、「森林環境税」と「森林組合法の改正」です。
 「森林環境税」は全国民に関係するのですが、あまり知られていないと思います。

 しかし、総代会もけっこうな出席者数です。会議室に60~70人入っていましたが、マスクをしているのは1/3ぐらいでした。
 私は、マスクをしてジップロックに入れたアルコールウェットティッシュを持って行きました。

 
 また、私が常任委員をしている農林業団体の総会兼旅行も新型コロナウィルスの影響で旅行が中止になり、総会だけが町内で行われることになりました。

 人ごみに行くのが怖い。でも、行かなければならないケースもあります。
 買い物にも行かないと、食べるものがなくなってしまいます。

 勤めている人、仕事の人は休めないので、もっと大変ですね。

 昨日、日本中の小中高校が春休みまで休校になるというニュースがありました。
 子どもがずっと家に籠もっているとは思えないですが、学校という閉ざされた空間よりはいいのでしょうね。

 医療機関の多くが、マスクや消毒液が足りないということなので、一般には当分回ってこないでしょう。
 
 ドラッグストアに、オスバンSが2本だけ残っていたので、とりあえず1本買っておきました。
 水で薄めて使うようですが、新型コロナに効果があるのか分かりません。
P_20200227_201924_1

 長く使っていなかったプラズマクラスターの空気清浄機を、また、使うことにしました。これも効果があるかどうかは分かりませんが。
P_20200227_201825_1  
 できるだけの防御はしておこうと思います。


 病気や病院の記事が多くなってきたので、カテゴリー「雑感」の下位に「疾病・医院」のカテゴリーを作りました。

【関連ページ】
  



【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村へ


田舎暮らしランキングへ




スポンサーリンク