ゴールドキウイの雌花が咲きました。
 昨年も焦りましたが、雌花が先に咲いて、10日ほど遅れて雄花が咲きます。したがって、自然に受粉しません。

 インターネットで調べてみると、よくあることだそうです。
 その場合の対応策が2つ紹介されています。

 一つ目は、雄花が咲いた時に花粉を採取して冷凍保存するとのことです。そして、雌花が咲いた時に冷凍保存しておいた花粉をつけます。(人工授粉)

 二つ目の方法は、花粉を購入するという方法です。ネットで調べると、確かに売っていますが高額です。

 昨年、雄花が咲いた時に採取して冷凍保存しておきました。




 
 今年は、雌花の数が多いです。
 しかし、雄花のつぼみがまったく見当たりません。

P_20200508_150344_2

 昨年採取して冷凍保存しておいた雄花を耳かきについている綿毛(羽毛)のようなものにつけて人工受粉しました。

P_20200508_150333

 何個受粉するか分かりません。

P_20200508_150344_1

 昨年より大きな実ができたらいいなと思います。(昨年はビックリするほど小さい実でした。)

 
 今朝も蕗(フキ)を収穫して、JAの直売所に持って行きました。これで2回目です。

P_20200509_073909_1

 今回も300gちょとを袋詰めしました。前回と同じく7袋です。
 前回より早く、開店から1時間半で完売しました。

 フキが人気なのか、値付けが安すぎたのか。
 300gちょとが消費税込みで200円です。もともとが自然に生えている雑草のようなもので、いっさい世話をしていないので、こんな値段でいいかと思います。

 売れ残って、直売所に回収に行くのも面倒ですし。


【関連ページ】







【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村へ


田舎暮らしランキングへ



【京のおすすめ】
【ふるさと納税】京都産ほうじ茶2kgと専用の大型茶筒付 【飲料類・お茶・ほうじ茶・加工食品】
【ふるさと納税】京都産ほうじ茶2kgと専用の大型茶筒付 【飲料類・お茶・ほうじ茶・加工食品】


  



スポンサーリンク