今年は、4月4日がイースター(復活祭)です。 
 キリストが処刑されたあと、3日後に奇跡的に復活した日です。


 アメリカに赴任した時、4月のはじめに到着して、最初の日曜日がイースターでした。

 借りていた家の隣が、白人の老夫婦で、イースターの日に老人がたくさん集まって来て、裏庭で「たまご探し」をして楽しんでいました。

 カラフルな模様を描いたたまごを宝探しのように探すイベントです。
 たまごに、このような使い方があることをはじめて知りました。

 終戦後、アメリカのいろんな文化が日本に入ってきました。
 戦前のことは知りませんが、私が子どもの頃には、クリスマスは日本に定着していました。

 アメリカのバレンタインは、男性から女性にプレゼントをする日でした。

 最近になって、ハロウィンも、日本独自のやり方で広まったように思います。

 しかし、イースターは、いっこうに広まる気配がないですね。

 日本とアメリカでは、祝日や休日の日にちの設定が少し違います。
 日本は、○月○日というのが多いですが、アメリカは、第○週の○曜日というのが多いです。

 もっともややこしいのが、イースターではないかと思います。
 春分の日のあとの満月の次に来る最初の日曜日がイースターになります。

 グレゴリウス暦となった1582年以降、もっと早いイースターは3月22日で、もっとも遅いイースターは4月25日だそうです。

 このように移動祝祭日であることが、日本に定着しない理由かもしれません。
 また、イベントが地味だというのも原因かもしれませんね。




 ビオトープのそばに、紫色の花が咲いていました。
 花の名前が分かるアプリのかざすと、タチツボスミレと出てきました。

P_20210403_083914

 これが、スミレなんだ!

 宝塚歌劇団の「すみれの花 咲く頃」を思い出します。
 若い頃、バウホールの工事現場で、アルバイトをしたことがあります。

P_20210403_083921

 思っていたイメージとは違っていました。

P_20210403_083602

 パンジーのような派手な花だと思っていました。


 ビオトープに、桜の花びらが浮かんでいました。

P_20210403_085442

 堤防から風に運ばれてきたのだと思います。

P_20210403_085446

 冬の間には、まったく見かけなかったメダカも元気に泳いでいます。


【関連ページ】
(タマゴについての話です。)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



【今日のおすすめ】
 苗を買うのではなく、できるだけ種子から育てるようにしています。
 つるのある3種類を一列に植えます。その方が、ネットを張るのが楽なので。

  



スポンサーリンク