インゲン豆の初収穫です。

 毎年、一気に収穫期を迎えて、食べきれないので、今年は、少しずつ時期をずらして植えました。

P_20210606_160102

 いんげんのゴマ和えにしようと思ったのですが、胡麻がなかったので、天ぷらにして食べました。

 枇杷も収穫しました。

 今年、初めて枇杷に袋かけをしました。
 見た目はきれいなんですが、サイズがお店に売っているものと比べて小さいです。

P_20210608_070928_1

 もっと、徹底的に摘花と摘果をしないと、大きい実ができないようです。

 ジャガイモも収穫しました。


P_20210608_095058

 今回は、肥料を忘れていたので、小粒で、数も少ないです。


 昨日は、これら3つの初収穫でした。



 ニホンミツバチが来て、地元の知人やブログのメッセージで、「よかったですね。」、「おめでとう!」など、お祝いの言葉をたくさんいただきました。


 昨日、役場に「蜜蜂飼育届」を提出しに行きました。

 「蜜蜂飼育届」は、とても簡単なものです。
http://www.pref.kyoto.jp/chikusan/documents/r2_hp_mitubatisiikutodoke.pdf
(クリックすると、京都府のWebサイトからPDFファイルがダウンロードされます。)


 役場に行って、担当課の窓口に出すと、受付の職員から注意(指導)を受けました。

 飼う前に、届けを提出してくださいということでした。

 4年前もニホンミツバチが来てから届けを提出しました。
 その時は、何も言われませんでした。

 その後は、飼っているという状況があったので、毎年1月に提出していました。

 ニホンミツバチが消滅してからは、提出していません。

 西洋ミツバチなら、女王蜂のいる巣箱を購入して飼育が始まるので、飼育する前に届けを提出できます。

 しかし、ニホンミツバチは、何月何日から飼育を始めますというような計画は立てられません。
 ニホンミツバチが来てくれるかどうかは運任せで、宝くじを買うようなものです。

 というか、届けを提出していない人も多いのではないかと思います。

 こんなことなら、飼育を始める日を、届けの提出日付の後にしておけばよかったです。(事実とは異なりますが。)


【関連ページ】

(インゲンのペペロンチーノ)

(枇杷の袋かけをしました。)

(ニホンミツバチが来た!)



【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



【京のおすすめ】


スポンサーリンク