6月11日午後5時30分、大学病院から帰って、すぐに巣箱を見に行きました。

 これまで入居していなかった梅の木の下、蔵の横の2つ巣箱にたくさんの蜂が集まっていました。

 びっくりしました。
 この時期に、それも2つの巣箱同時に入居したかと興奮しました。

 一昨日の6月12日の朝、巣箱を見に行くと、どちらの巣箱も、巣門にたむろしている蜂や出入りしている蜂がたくさんいて、入居を確信しました。

梅の木の下の巣箱 06:11
P_20210612_061125
P_20210612_061115

蔵の横の巣箱 06:12
P_20210612_061158
P_20210612_061202

 過去2年間、まったくの空振りで、先日クルミの木の下の巣箱に入居する前までは、今年もダメだと諦めていました。

 それが、6月に入って3群も入りました。




 私の所有している巣箱は3つで、すべてに入居したので、今後の分蜂を待ち受けるために、新たに巣箱を購入しようと思いました。

 現在、巣門が扉で内部を撮影することのできる巣箱を2つ持っていて、今度は、重箱式ではなくて、巣枠式がいいかなとか考えていました。

AK-2 日本ミツバチの巣箱
AK-2 日本ミツバチの巣箱
AK工








 また、スムシっ子カードも、追加注文しなければとか考えてていました。

 昨日の6月13日は朝から雨でしたが、巣箱を見に行くと、一匹もいなくなっていました。

 えー、これはどういうことなんでしょう?

 それも、2箱どちらもです。

 先日入居したクルミの木の下の巣箱は、数は少ないですが、働き蜂が出入りしていました。

 思い切って、内部を見てみました。

梅の木の下の巣箱 08:37
P_20210613_083720

蔵の横の巣箱 08:38
P_20210613_083841

 どちらも空っぽです。

 入居していれば、たくさんの蜂が集まってボールのようになっています。

 その後、ニンニクを収穫して、JA直売所に持って行きました。(昨日も完売でした。)

 お昼過ぎに巣箱を見に行くと、どちらの巣箱にも、巣門の前にたくさんいました。
 
蔵の横の巣箱 12:39
P_20210613_123913

 たぶん、内部は空っぽだと思います。

 その後、また、いなくなりました。

 これは、いったいどういう状況なんでしょうか?

 女王蜂を失った群が彷徨っているのでしょうか?(私の推理)

 まだまだ、ニホンミツバチの行動が理解できません。


【関連ページ】
(一昨年、女王蜂の最期を見ました。)
スポンサーリンク