梅の木の下、蔵の横の巣箱にたむろしていた蜂たちの姿は見なくなりました。

 クルミに木の下の巣箱ですが、花粉を運ぶ蜂がちらほら増えてきました。

 下の蜂は、オレンジ色の花粉を運んでいます。

P_20210615_090329_2

 ところが、小さな蟻の行列が巣箱の中に続いています。


 門番の蜂は2匹で、蟻に手こずっています。

P_20210615_090329_1

 ハケで、蟻を払っても、後から後から湧いてきます。


 思い切って、巣箱の底板と巣箱台を交換することにしました。

P_20210615_112723

 底板に蟻がいっぱいいました。
 巣を作っていました。

 交換する時に、巣箱内を撮影しました。

P_20210615_095900

 入居してから2週間ですが、小さな巣が見えます。


 でも、6月1日、2日に比べて、働き蜂の数が少ないです。

 帰ってきた働き蜂が、巣門が違っていて、戸惑っていました。

 これまでに2度失敗しているので、とても心配です。
 毎日、何度も見に行きます。
 無事に、大きく成長して欲しいです。




 一昨日にうどんこ病の疑いで、すべての葉を切除したズッキーニです。


P_20210615_113039

 昨日には、もう新しい葉が出てきていました。

P_20210615_152302

 ズッキーニは大きな葉ができて、勢いと元気があるように思うのですが、何故か、うどんこ病には弱いですね。


【関連ページ】

(女王を失ったさまよい蜂か?)
スポンサーリンク