先日の氏神さんの「夏越の大祓式」で貰ったお守りです。

P_20210803_122902

 茅の輪くぐりのミニチュアだと思います。

 この丸いお守りを見て、ドリームキャッチャーを思い出しました。
 
P_20210801_201712

 この小さなドリームキャッチャーは、いただき物で、もう少し大きなものをアメリカで買ったような気がします。


 ドリームキャッチャーは、ネイティブアメリカン(アメリカ先住民)の少数民族オジブアの伝統的な魔除け、装飾品です。
 輪に糸を張って蜘蛛の糸に見立てて、悪夢を捕まえて防いでくれるお守りです。

 よい夢は、真ん中の穴を通り抜けて、寝ている人に届くと言われています。

 茅の輪のお守りと、ドリームキャッチャーとなんとなく似ていますが、ドリームキャッチャーの方がオシャレな感じがします。





 一昨日のオリンピックの中継で、馬術は観ていないのですが、昨日のニュースで、「馬術、4位入賞。87年ぶりの快挙」と、いろんなテレビ局が放送していました。


 87年前というのは、1932年ロス五輪で金メダルを取った西竹一さんです。

 西竹一さんの名前を紹介していない局、名前を紹介した局、愛称のバロン西まで紹介した局などさまざまでしたが、硫黄島で戦死したことまでに触れた局は、私が見た中にはありませんでした。

 知ったかぶりで言っていますが、かく言う私も、映画『硫黄島からの手紙』を観るまでは知りませんでした。

 オリンピックで金メダルを取った人が、戦争で亡くなったということを一言放送して欲しかったです。

 オリンピックは、「平和の祭典」なので...。


 昨日は、ベラルーシのことをネットで調べました。
 今回のことがなければ、知らなかった国だったと思います。
 

【関連ページ】

(夏越の大祓式)


(映画『硫黄島からの手紙』)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング


 



スポンサーリンク