先日、町内の初盆の家には、町内の酒屋さんにお供えの配達をお願いしました。
 ビールとジュースを組み合わせたファミリーセットにしました。

 今年は、昨年9月に亡くなった四万十市の叔父さんも初盆です。

 コロナ禍ということで、お葬式に行けませんでした。

 叔父さんの初盆のお供えは、何にしようかと、いろいろ考えた結果、これにしました。

京都北山逸品合わせ 5種 L 御中元 ギフト マールブランシュ 洋菓子 茶の菓 ラングドシャ プレゼント 夏限定 京都 お濃茶フォンダンショコラ マドレーヌ お礼 お祝い お返し 内祝
京都北山逸品合わせ 5種 L 御中元 ギフト マールブランシュ 洋菓子 茶の菓 ラングドシャ プレゼント 夏限定 京都 お濃茶フォンダンショコラ マドレーヌ お礼 お祝い お返し 内祝
 
 お仏壇にお供えする品ですが、食べるのは、叔母さんや従兄弟なので、京都らしいお菓子で、喜んでもらえるものということで、これにしました。

 特に、抹茶を使った「茶の菓」は、京都では有名で、とても人気があります。

 手土産を持って行く時は、和菓子なら阿闍梨餅、洋菓子なら茶の菓と決めています。

 ただ、お供えとして、これを送るのは初めてです。




 庭に百日紅(サルスベリ)が、3本あって、毎年たくさんの花が咲きます。


 実家に帰って7年経ちますが、今頃になって初めて気づきました。

P_20210807_093906
P_20210807_093830

 3本とも同じ色だと思っていたのですが、2色ありました。



 昨晩は、秋祭りの氏神ごとの会議がありました。


 コロナの影響で、今年も神輿を担いで御旅所に行かない居祭りになりましたが、2年も担がないと、神輿の飾り付けや担ぐための轅を取り付ける技術など、文化が継承されないのではないかという心配があります。

 もっと心配なのは、担ぎ手の確保です。
 もともと慢性的に担ぎ手が不足しています。
 コロナ禍で、2年も担ぎ手の募集をしないので、来年担ぎ手が確保できないのではという心配の意見が出ていました。

 コロナ禍で、田舎の葬式や法事のスタイルが大きく変わりましたが、祭りのあり方も変化しそうです。


【関連ページ】

(昨年9月に四万十の叔父さんが永眠)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング


 



スポンサーリンク