昨日も終日、たくさんの雨が降りました。
 毎回、警報が出ると、地区の公民館を避難所として開設するようにという連絡が来るのではと、ビクビクしています。

 昨日は、朝から役場に行って、国民健康保険の限度額適用認定証を申請してきました。
 前立腺がんの陽子線治療は、治療費が高額ということで、一昨日の病院の説明で、申請するように言われました。
 すぐに、発行してもらえました。

 また、別の窓口に自治会長の職印を持って行きました。

 7月の豪雨で谷川にある地区の防火用水の取水口が破損したのですが、町から修理費用として、幾らかの補助金がいただけるということでした。

 自治会会計の支出を節約できて、よかったです。




 毎日、いろいろと用事があって、ゆっくりする時間がほとんどありません。


 2年前に退職した時に、何人かの友人から「これからは、悠々自適だね。」と言われました。

 自分でも、これからは悠々自適な生活が待っていると思ったのですが、退職して1か月ほどすると、田舎の用事の多さに気づきました。


 徒然というほど、時間を持て余して退屈ということは、まったくありません。
 スローライフというほど、のんびりと時間を過ごしているわけでもないです。


 田舎に住んでいると、いろんな団体や組織に所属することになります。

 自分でも、いくつの団体に所属しているのか、分からないほどたくさんあります。

 山林や田畑に関係する組合以外にもたくさんあります。

 田舎に帰る前から、親父の代理で氏神さんの宮座に出席していたので、その存在を知っていたものもあります。


 しかし、念仏講などは、親父が亡くなってから、初めて知りました。

 田舎では、みんなで助け合い協力して生活の質を高めようとしています。

 昔の「結(ゆい)」の名残で、共同作業や相互扶助の精神が続いているのではないかと思います。

 テレビ番組の『ポツンと一軒家』のような所に住んでいれば、徒然とか、スローライフがあるのではないかと思います。


 街の生活の方が、よほどのんびりしていたようにも思います。

 忠告ですが、田舎の生活に憧れている人、間違った期待をもって移住すると、がっかりしますよ!


 昨晩は、スーパーで買ってきた大豆ミートのハンバーグを食べました。

【ふるさと納税】大豆ミート ハンバーグ 【レトルト・惣菜・大豆・豆類】
【ふるさと納税】大豆ミート ハンバーグ 【レトルト・惣菜・大豆・豆類】

P_20210817_181620_1

 先日、大豆ミートのメンチカツを食べましたが、このハンバーグも、何も知らされていなかったら、気づかないと思います。

 今後、地球上の人口が増えて、更に食糧難が言われるようになると、大豆ミートは普及するのではないかと思います。


【関連ページ】

(大豆ミートのメンチカツ)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング


 



スポンサーリンク