自由に、自分が思うように生きればいいと思います。
 しかし、人間は弱い存在で、強い自我(エゴ)や煩悩(欲望)に振り回されて生きています。

 その結果として、誰も傷つけなければいいのですが、多くの場合、誰かの人生に大きな影響を与えることもあります。

 突き詰めると、利己か利他の二律背反になります

 そのことを悔いる、思い悩むのは当然のことかと思います。

 その迷いや悩みなどの感情を昇華させることで、文学や絵画などの芸術が生まれることもあるでしょう。

 そのような人からの自我や煩悩を肯定するような言葉に救われる人も多いと思います。

 かといって、開き直るというようなことは、私自身はできないと思います。

 たとえ、超越したと言っても、自分の人生を正当化したところで、真に自身を許すことができないのが、人間の性というものではないかと思います。

 仮に、傷ついた人からの許しがあったとしても。

 たぶん、死ぬまで、その十字架を背負っておられたのではないかと思います。

 ある意味、自我や煩悩に支配された人生を送った人は哀れだと思います。

 誰とは言いません、すべての人です。

 誰かを傷つけたことにも気づかない人は別ですが。




 昨日は、朝から消防署と役場に行って、地区の防災訓練やキッズ防火隊の体験学習の打ち合わせをしてきました。

 午前11時には、ケアマネさんが月1回の訪問で来られました。 
 私を不安に陥れた「ショートステイが無くなる」という話は、施設内部での話し合いで、取り止めになったということでした。

 詳しくは言われなかったですが、利用者からの苦情が多かったのではないかと思います。

 その後、ジャガイモの試し掘りをしました。

 少し早いかなと思いましたが、1株だけ掘ってみました。

P_20211119_110751

 いい形、いい大きさの芋が出てきました。
 
P_20211119_110847

 家庭菜園のいいところは、収穫してすぐに食べることができることです。

 ジャガバターにしました。

P_20211119_171314


 掘りたてのジャガイモは、お店に並んでいるものとは別物です。

 昨日11:20頃、私のいる離れの屋根瓦の上を走る音がしました。

 もしやと思い、火薬銃を持って外に出ると、大きな猿が一匹走っていました。

 もちろん、逃げられましたが、火薬銃を2発だけ鳴らしました。


【関連ページ】

(ケアマネさんからの電話にショック)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 



スポンサーリンク