昨日は、シャワーの蛇口の水栓ケレップを交換しました。

 蛇口から、ポタポタと水滴が落ちていました。
 これまで、シャワー本体とホースは、6~7年ごとに、新しいものをホームセンターで買ってきて、交換していました。

 シャワーの水栓ケレップの交換は、初めてです。

 これまで、水栓コマと言っていたのですが、ホームセンターで買ったのは、水栓ケレップと書いていました。

 水栓コマと水栓ケレップが同じものなのか、別物なのかは知りません。



 ようするに、ゴムのパッキンが劣化して水漏れします。

 公民館の蛇口の水漏れも、自分で修理しました。

 最初に、水道の元栓で水を止めます。

P_20220103_092552

 蛇口のハンドルを外します。

P_20220103_092723

 名称は知りませんが、蓋を開けます。

P_20220103_092753

 中の水栓ケレップを交換します。

P_20220103_092853_1

 元通りに戻して、完了です。
 温水と冷水の両方を交換しておきました。
 
 下の写真の上2つが、取り出した古い部品です。
 温水用と冷水用の違う種類が入っていました。

P_20220103_093647

 ホームセンターで買ってきた水栓ケレップは、耐熱と書いていました。

 3個入りで、300円もしませんでした。
 業者さんに来てもらったら、5,000円以上支払うことになるのではないかと思います。




 年末年始に録りだめたテレビ番組がたくさんあります。
 観る時間がなかったので、少し再生して、面白くなかったら、すぐに削除していきました。

 12月30日に放送された、香取慎吾さん主演のNHKの太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦(ろんどん)ノ山本五十六」はよかったです。



 きっと、ロンドンの会議で、軍縮に譲歩していれば、大東亜戦争は避けられたのではないかと思います。

 終わってから、いくら検証しても取り返しがつきませんが、二度と同じ過ちを繰り返さないように、歴史に学ぶことが大切だと思います。


【関連ページ】

(DIYは、趣味ではなくて節約です。)

(庭の散水用蛇口の修理)

(日米開戦は避けられなかったのか?)

(開かずの金庫から出てきた戦争国債)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 



スポンサーリンク