昨日は早朝から2つ隣町の病院に行ってきました。
 家から病院まで、車で45分かかりました。

 最初に、検尿と採血を済ませて、その結果が出てから診察です。

 PSAは0.002で、前回と同じでした。
 陽子線治療を受け、リュープリンの注射を受けているので、当然と言えば当然ですが、それでも、数値が上がっていなくてよかったです。

 その他の数値も問題はありませんでした。
 
 先生から陽子線治療後の頻尿について訊かれました。
 排尿の回数は、治療前と変化はありません。
 しかし、ちょっと体を動かすと、息切れがして疲れが酷いことと、日常的に倦怠感があることを伝えました。

 ホルモン治療の副作用として、筋力が落ちる、骨粗しょう症とかがあるので、太陽に当たって、運動をしてくださいということでした。

 今回から、リュープリンPROという注射になりました。
 昨日は、右腹部に注射してもらいました。毎回、左右交互です。
 6か月ごとに2023年10月まで続けることになりました。
 
 検尿と採血は、3か月ごとになります。

 まだまだ、先が長いです。

 次は、3月に大学病院の診察があります。

 ちなみに、昨日の診療費は3割負担で、27,560円を支払いました。




 昨日のブログでは、朝ドラの俳優さんが二十歳に見えないと失礼なことを書きました。

 しかし、昔の映画やテレビドラマを思い出すと、「若大将シリーズ」、『おれは男だ!』、『柔道一直線』などに出演していた俳優さんも、大学生、高校生に見えなかったように思います。

 特に、足でピアノを弾いていた近藤正臣さんは人気がありましたが、どう見ても高校生ではなかったです。



【関連ページ】

(前立腺がんの診断を受けて1年)

(ドラマの俳優さんの感想)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 


スポンサーリンク