昨朝は、図書館から予約本を借りることができるという電話が入ったので、徒歩で行ってきました。

 帰宅後、畑の玉ねぎを見ると、猿に食べられた跡が残っていました。

P_20220306_095431
P_20220306_095418

 1月に鹿に食べられて、やっと復活してきたと思っていた矢先に、今度は猿です。

 ただ、被害にあったのは、5~6本だったのが救いです。

福農産業 ソーラー式防獣・防鳥アラーム SA-55
福農産業






 少しは、鳥獣アラームの効果があったのかなと思います。

 玉ねぎとニンニク畑の草むしりをしてから、追肥もしておきました。

 その後、洗車をしました。
 一昨日、屋外に自動車を駐めておいたので、黄砂で汚れてしまいました。
 黒色の車なので、とても目立ちます。





 注文していた「待ち箱ルアー」が届きました。
 ニホンミツバチの分蜂をおびき寄せる薬品です。

P_20220306_110124_1

 1個が3,900円します。
 毎年、2~3個を買い続けています。
 必ず分蜂群をgetできるというものではないです。
 宝くじを買うような気持ちです。

 ニホンミツバチの魅力に取り憑かれて、ニホンミツバチにこだわっています。

 テレビ番組で紹介されているミツバチは、ほとんどが西洋ミツバチです。
 「所さんの目がテン!」や「ザ!鉄腕!DASH!!」で、時々出てくるのがニホンミツバチです。
 
 西洋ミツバチとニホンミツバチを比べると、ニホンミツバチが少し小さいです。
 また、巣箱のかたちが異なります。

 他の人のブログで紹介されているミツバチも、ほとんどが西洋ミツバチです。(どちらも飼っている人もいます。)
 
 ニホンミツバチは、どちらかというとマイナーですが、全国にたくさんのマニアがいます。

 「ミツバチQ&A日刊メルマガ」、「分蜂マップメルマガ」というのがあって、毎日情報交換のメールが送られてきます。

 また、京都には、大学の先生方がやっておられる「京都ニホンミツバチ研究所」や、「京都ニホンミツバチ週末養蜂の会」というのがあります。

 私の家の近所にも、ニホンミツバチを飼っている方がおられ、情報をいただいています。

 その方には、2019年秋にニホンミツバチをおびき寄せるキンリョウヘン(蘭)を2鉢貰いました。

 もうすぐ、分蜂シーズンになります。

 昨年は、せっかくgetできたのに、女王蜂がいなくなり、群が消滅しました。

 最近、家の周りに鳥が多いのも不安材料です。

 本当に、毎年宝くじを買うような気持ちです。 

 午後には、ひさびさに本を読みました。
 確定申告も終わり、少しゆとりができました。

 昨晩は、自治会の役員会を開きました。
 年度末ということで、2月、3月は、会議が多くなります。


【関連ページ】

(1月30日、鹿に玉ねぎ苗を食べられた)

(昨年は、猿に玉ねぎ苗を食べられた)

(昨年は、getしたのに消滅)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村



スポンサーリンク