河川敷に菜の花がいっぱい咲いていました。
 この景色を見ると、「菜の花や月は東に日は西に」という句を思い出します。

 昔、菜種油を採っていたのだと思います。
 月と太陽がこの句にある位置関係に見えるのは、もう少し先かなと思います。

 裏庭のキンセンカだと思います。
 昨年UPした写真は、もっとオレンジ色でした。

P_20220313_142334_1_1

 もしかしたら、間違っているかもしれません。

 表の庭の黄梅(オウバイ)です。

P_20220313_142640

 先日UPした蝋梅(ロウバイ)は、蕾のままで開花しませんでした。


 本屋大賞ノミネート作品の9冊目を読み終えました。

赤と青とエスキース
青山 美智子
2021-11-16






 以下のような章立てになっています。

プロローグ
【一章】金魚とカワセミ
【二章】東京タワーとアーツ・センター
【三章】トマトジュースとバタフライピー
【四章】赤鬼と青鬼
エピローグ

 各章が別々の話のようで、一枚の水彩画で辛うじて繋がっています。
 絵画に合った額縁を作る額装師の話も出てきます。

 【四章】の最後で、【一章】との繋がりが分かり、エピローグですべての伏線が回収されます。

 最近、このパターンの小説が多いなと思います。

 ストーリーは奇抜な出来事もなく、さり気ない感じです。

 1枚の水彩画で繋がっている人たちの人生が描かれています。




 小説のタイトルは赤と青ですが、私の好きな色は黄緑と黄色です。

 恥ずかしながら、下の水彩画は私が大学を卒業後、アルバイトで暮らしていた時に描いたものです。

P_20220310_164422_1_1

 下手くそですが、少しは上手く見えるかと思い、額縁屋さんで額を購入しました。

 後にも先にも額縁を買ったのは、これだけです。

 
 そういえば、ウクライナの国旗は青と黄色でした。

 いろんな説があるそうですが、一般的には青は空を黄色は麦畑を表しているそうです。
 私はヒマワリだと思っていました。

 NO WAR IN ウクライナ

 戦争は勝っても負けても悲惨です。
 本来なら死ななくてもよかった人たちが亡くなっています。

 他の国を点と線で押さえても、面では支配できない、人心まで支配できないことは、これまでの歴史から明らかなことなのに。
 残るのは、恨みだけです。

 早く戦争が終わって、世界が平和になることを願っています。


【関連ページ】

(3月14日の思い出)

(映画『ひまわり』を思い出しました。)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 



スポンサーリンク