また、テレビを観ながらぼやいてしまいました。
 その1は、下の【関連ページ】を見てください。

 何についてぼやいているのかというと、政治家やコメンテーターの安直で薄っぺらい意見です。

 誰だって「戦争反対」だし、早く終わってほしいと願っています。

 どうすれば、戦争が終わるのでしょうか?

 昨日は、憲法記念日だったせいか、多くの政治家やコメンテーターが、ウクライナ情勢に絡めて、外交力や外交努力が重要だと話していました。

 そのことについて、否定や反対をするつもりはないです。
 外交によって戦争が終われば、それがベストだと思います。

 ただ、外交力や外交努力と一言で片付けるのではなくて、具体的な中身、方法を説明してくれないと、魔法の言葉や念仏を聞かされているような気持ちになります。

 国連では、世界中の国の大使が話し合っています。
 多数派工作しても、反対票、棄権票が見られます。

 国連事務総長が両国を訪問しました。

 オーストリアの首相も行きました。
 トルコやイスラエルなど、いくつもの国の首脳が仲介などをしています。

 政治家やコメンテーターの言う外交力や外交努力はどんなことなのか教えてほしいです。

 外交力は、親交のこと、交渉のこと、説得できる話術のことをおっしゃっているのでしょうか?

 それとも、外交力の背景にある、その国の経済力や軍事力、同盟国の多さなどを言っておられるのでしょうか。

 このような大事なことについては、しっかりと説明してほしいです。

 そうでないと、無責任な発言、寝言になってしまいます。

 表現の自由で、みんながいろんな意見を出すことは大切で、誰が何を言ってもいいと思います。

 しかし、テレビに出ている影響力のある立場の人は、それなりの自覚と責任を持ってくれないと、モヤモヤが残ります。




 朝から蕗(フキ)を収穫して、直売所に出品してきました。

 自転車で直売所から帰る途中、床屋(理髪店)が空いていたので、散髪してきました。

 先に散髪してもらっていたお客さんが、日本の経済、円相場、日銀の金利政策について熱く語っていました。

 床屋のお兄さんは、ハサミを動かしながら、感心しているような相づちを打っていました。

 このお客さんでも、十分にテレビのコメンテーターになれると思いました。

 ちなみに、私は「スソ、バリカンで」と最初に一言だけで、あとは終わるまで会話をせずに寝たふりをしています。


 昨日も、直売所に出品したフキは、お昼までに完売しました。

 また、フキを炊きました。
 木の芽(山椒の新芽)といっしょに炊きました。

P_20220503_164021


 畑のスナップエンドウです。

P_20220502_115341

 初収穫しました

 野菜サラダに入れました。


【関連ページ】

(「ぼやき」は心のデトックス...1)



【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 


スポンサーリンク