凪良ゆうさんの本屋大賞作品『流浪の月』が映画化されました。

 広瀬すずさんと松坂桃李さんのダブル主演です。

流浪の月 (創元文芸文庫)
凪良 ゆう
2022-02-26


 一昨年、私もこの小説を読みました。

 小説としては、とてもよい作品です。
 しかし、映画化するのは難しいだろうなと思っていました。

 いつも、小説を読みながら、この小説は映画化すればいいのにと思うことが多いです。

 『流浪の月』は、そうは思いませんでした。
 きっと、暗い感じの映画になると思いました。

 映画を観たいという気持ちは、少しはあります。
 でも、山里から映画館に行くのは遠くて、映画を楽しむよりも往復の疲れが勝るのではないかと思います。

 封切り前から言うのも変ですが、テレビで放送されるのを待ちたいと思います。

 凪良ゆうさんの作品は、『滅びの前のシャングリラ』も読みました。
 



 この小説の感想は、下の【関連ページ】を見てください。





 昨朝は、老人クラブの活動で、児童公園の草刈りに行ってきました。

P_20220510_085555_copy_1040x780_1_copy_260x195
(写真の画質を落としています。)

 これまで、コロナの緊急事態や蔓延防止で、みんなで作業することがありませんでした。

 やはり、人数が多いと、きれいになるのが早いです。

 夕方、近所の知人が亡くなったという知らせがあり、早速お悔やみに行ってきました。

 散歩をされている姿をよく見ていたので、突然の訃報に驚きました。

 家族葬をされるということでした。


【関連ページ】

(『滅びの前のシャングリラ』の感想)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 



スポンサーリンク