先日から、少し様子がおかしいと思っていたのですが、ついに洗濯機が動かなくなってしまいました。

 買ってから10年ほど経ちます。

 町内にはコインランドリーがないので、すぐに新しい洗濯機が必要です。

 朝から、隣町の電気屋さんに行ってきました。

 コロナの影響で、中国から品物が入ってこないので、納品に時間がかかるとのことです。
 在庫があって、翌日に配達できる商品を探してもらったら、数点しかありませんでした。

 どれを選んでも、洗濯はできるはずなので、7kg洗える洗濯機に決めました。

 今日、届くのですが、田舎は配達の時間指定ができないので、1日待機します。





 図書館で借りた本を読み終えました。



 1941年、柳田國男の九州講演旅行に同行した著者の記録です。

 17日間の旅行で感じた柳田國男の人柄が書かれています。

 昭和16年11月13日、木曽路から名古屋への旅路から始まっています。

 その後、三重、奈良、京都、神戸への鉄道旅、そして、瀬戸内海航路で別府、別府から小倉へと続きます。

 九州各地で講演会があり、その記録を記載されています。

 小倉、熊本、長崎、天草、鹿児島、阿蘇、そして、昭和16年11月28日神戸から蒲郡へということで紀行文が終わります。

 対話抄ということで、旅行後の会話も記録されています。

 柳田國男の民俗学に対する考え方や人柄にも興味がありましたが、なんといっても、この旅行が太平洋戦争の開戦前ということがすごいです。
 当時の各地の様子がよく分かります。

 そして、この旅行はとても豪華な大名旅行です。

 宿泊は、旅館ではなくホテルをよく利用されています。
 また、鉄道と船のほかに、ハイヤーが使われています。

 さらに、柳田國男の人脈の広さも分かる本だと思います。

 私が学生の頃、民俗学がブームになっていて、柳田國男や折口信夫の本を読みました。



 昨日も暑い1日でした。

 夕方から雨が降ってきて、スコールのような夕立かと思ったら梅雨のような降り方でした。

P_20220625_160927_1

 先日作った雨水をビオトープに入れるための樋は、こんな水量でした。
 もう少し、降って欲しかったです。


 昨晩は、生産森林組合の役員会がありました。
 選挙で令和4・5年度の理事に選ばれました。

 これまで、組合員として山仕事に行くのは好きでした。
 しかし、昨年、前立腺がんの治療が始まってからは体力がなく、ずっと欠席していました。

 最後に山に登ったのは、昨年5月に登った鎮守の森です。

 なんとか体力をつけて、生産森林組合の山仕事に参加できるようにしたいと思います。


【関連ページ】

(学生の頃、民俗学がブームでした。)


(神や仏は信じるものではなく感じるものだ)


(雨水を利用...ビオトープ)


(この1年、山に行っていません。)


【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 



スポンサーリンク