昨日は、町内の医院と薬局に行って、お袋と私の持病薬を貰ってきました。

 月に1回ですが、1か月が経つのが早く感じられて、毎回、「もう」、「また」というのが口癖になっています。

 その後、持って帰ったお袋の薬を朝、昼、夜、寝る前と手書きした小袋(チャック袋)に仕分けしました。

 それから、スーパーに行って、お袋の晩ご飯を買ってきました。

 午前11時に、ケアマネさんの訪問があって、先週土曜日のケアカンファレンスを受けての具体的な話をしました。

 ケアカンファレンスでは、主治医の先生の「介護負担を軽減するために、ショートステイを増やすのが適切」という意見が伝えられました。

 先生は、私がステージ3のがん治療中で、体調がよくない時があるというのを配慮してくださったと思います。

 デイサービスを1日減らして、ショートステイを1日増やすことになりました。

 また、毎週1回の訪問リハビリの手続きをすすめてもらうことになりました。

 お袋にショートステイを増やす話をするのが難しいなと思ったのですが、ケアマネさんが言ってくれるということでした。

 とても、助かります。

 姉と妹には、結論だけをメールしておきました。





 病気を理由に村役を辞退したので、私が病気治療中であるということは、地域では周知の事実になっています。

 地域の高齢者から、「体調はどうですか?」と訊かれることが多いです。
 「まあまあです。」と曖昧な返事をすると、今度は、自分の病気の話をする人が多いです。
 それも、自分の重病アピールをする人が多いです。

 高齢者は、挨拶がわりに天気の話が多いですが、病気の話もけっこう多いです。

 嬉しそうに病気自慢をされるのですが、私は病気で勝ち負けを競うつもりはないので、ただただ聞き手に回っています。

 以上、高齢者の病気の会話あるあるでした。




 
図書館で借りた本です。 
 ギリシア神話や星座のことを知りたくて読みました。

 児童書なので、きっと分かりやすく書かれていると思いました。
 しかし、カタカナの多い文章で、カタカナが苦手な私は、よく理解できませんでした。

 ただ、神話というのは、国は違えども共通点が多いなと思います。

 原始、この世の始まり、人類の起源、宇宙のことなど、人類は同じような想像を巡らせていたのかなと思います。


 
 真夏のイメージのマリーゴールドが、まだ咲いています。

P_20221110_103306_p_1

 11月中旬でも咲くんですね。

 畑のキャベツとブロッコリーにアオムシがたくさんいました。

 こんなに寒くなっても、アオムシは活動するんですね。
 
 収穫前に農薬を散布するのもどうかなと思い、割り箸で一匹一匹つまんで殺生しました。


【関連ページ】

(お袋のケアカンファレンスがありました。)



【下記ランキングに参加しています。】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


 



スポンサーリンク