一昨日の夜、介護施設から電話がありました。
 入所者のコロナ感染が6名になり、ショートステイを休止するとのことでした。

 施設の2階が入所者とショートステイのフロアで、1階がデイサービスのフロアになっています。

 昨朝、介護施設のケアマネさんに電話をしました。
 ①ショートステイの休止はいつまでか?
 ②月曜日か火曜日にデイサービスを利用できないか?
 ③ショートステイの休止期間中の昼ごはんの配食をお願いしたい。

 ショートステイの再開は、来週の感染状況をみてからの判断ということでした。(ごもっともです。)

 デイサービスを火曜日に利用できることになりました。(入浴が1週間あかなくてよかったです。)

 昼ごはんのお弁当は、昨日から届きました。(日曜日は弁当の配食がありません)

 ということで、お袋の食事、食料を買うために、スーパーとコンビニに行ってきました。

 昨秋、介護施設でコロナのクラスターがあり、お袋は3週間の在宅介護でした。
 途中、デイサービスに何度か行きましたが、毎日の晩ごはんの準備をしました。

 その時の経験とノウハウがあるので、今回は落ち着いて対処しています。

 でも、この状況が長く続くのは、息抜きができないので辛いです。

 世間的には、コロナはあまり騒がれなくなりましたが、介護施設では2類の時と同じ対応です。






 一昨日、図書館で借りてきた本を読み終えました。
 河﨑秋子さんの『ともぐい』です。

ともぐい
河﨑秋子
2023-11-20


 先日、直木賞を受賞したので、予約していました。

 主人公の熊爪は、山中で猟師をして暮らしています。
 獰猛な熊との命を賭けた戦いは、とても迫力があります。

 後半の陽子との暮らし、そして死については、よく理解できませんでした。

 動物を獲って生きてきた熊爪は、自らも自然の一部として獣や動物と同じように生き、そして死んで自然に帰りたかったのかなと思います。

 昨秋、毎日のように熊による被害や目撃情報のニュースがありました。
 熊を駆除することについて、賛否の意見がありました。

 ちょうど、そんな時期にこの本が発行されました。

 人間も自然の一部なのかと思います。



 玄関の門扉脇の芝桜です。

240210100403507

 季節を間違えてのでしょうか?

240209100403200

 芝桜も、春が待ち遠しいのだと思います。

 

【関連ページ】

(昨秋もコロナで介護施設が閉鎖でした。)



【下記ランキングに参加しています】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク