タグ:読書

 昨日は、一日中雨でした。 図書館で借りていた本を読みました。 民主主義とは何か (講談社現代新書)宇野重規2020-10-21 この本を選んだのは、経済格差の問題や、各国のコロナ対策を比較する中で、民主主義についての懐疑的な意見が増えているように感じていたからです。 ...

 めったに観ないテレビ番組「ほんまでっか?!TV」に、好きな芸人の「かまいたち」が出演しているので、録画撮りしておきました。 昨日、時間があったので観ました。 番組の中で、心理評論家の植木理恵さんが、「不幸は突然に来るが、幸福はゆっくりにしか来ない。不幸は目に ...

 ワクチンを2回接種したので、昨日は、ひさびさに歯医者さんに行ってきました。 コロナ禍の自粛で、1年9か月ぶりです。 いつもは、待合室も診察室にも人が多い歯医者さんなんですが、昨日は私一人でした。 びっくりしました。 予約時間よりも早く診てもらえました。 ...

 先日、図書館に行った時に、新刊の書架で、筒井康隆の名前を見つけました。 学生の頃に何冊か読んだことがあります。 星新一と並んで、SF作家として人気がありました。 しかし、断筆宣言の後は、私の記憶から消えていました。 借りてきたのは、この本です。ジャックポ ...

 長い間、旅行をしていないです。 コロナ禍だからではなくて、それ以前からです。 お袋の介護があって、何かあると対応しなければならないので、安心して旅行に行くことができないといったところです。 四万十市の叔父さんが存命だった時に、お見舞いを兼ねての旅行を計 ...

 先日、図書館に本を返しに行った時に、また、本を借りてしまいました。 今シーズンの芥川賞受賞作品、直木賞受賞作品、本屋大賞のノミネート作品10冊の計12冊を読みました。 これからは、畑仕事や草刈りで忙しくなる季節なので、手ぶらで帰る予定でした。 実際は、4月 ...

 直木賞にふさわしい作品です。心淋し川 (集英社文芸単行本)西條奈加集英社2020-10-02 江戸の片隅のどぶ川のほとりにある、いろんな事情を抱えた人たちが住む町を舞台にした時代小説です。「心淋し川」「閨仏」「はじめましょ」「冬虫草夏」「明けぬ里」「灰の男」の6編か ...

 1月の酷寒日に、鹿威し(シシオドシ)の水が凍って、竹が割れてしまいました。 新しく鹿威しを作りました。 一昨年の10月に作って、今回は2回目なので、簡単にできました。 割れた竹と同じ長さに切って、同じ位置に穴をあけただけです。 また、ビオトープにコ~ンとい ...

 昨日は早朝から墓掃除に行ってきました。 お彼岸前の全檀家による墓掃除日です。お天気もよく、たくさんの人が参加していました。 本屋大賞ノミネート作品の9冊目を読み終えました。八月の銀の雪 [ 伊与原 新 ] 目次ページが下のようになっていました。八月の銀の雪◆ ...

 昨日の3月3日は桃の節句ですが、私の直属の上司だったKさんの命日でもあります。 2004年3月3日の朝、自宅で朝刊を取りに玄関に行かれた時に倒れられ、救急車で搬送途中に息を引き取られました。 51歳、突然死でした。 2年間、同じ職場で机を並べて仕事をしていまし ...

↑このページのトップヘ